創業事業者支援レポートVol.2 WELLNESS GATE(ウェルネスゲート)

創業支援

WELLNESS GATE(ウェルネスゲート)深谷 宏史(Hroshi Fukaya) 代表/専属トレーナー

福島県須賀川市出身。加圧トレーニング認定資格取得

2015年12月、須賀川駅の目の前という好立地にWELLNESS GATEをオープン。スポーツマンらしい爽やかな笑顔と均整のとれた体格が印象的な深谷さんだが、意外にも前職はスポーツとは全く関係のない職種だったとのこと。スポーツや筋力トレーニングは長年趣味のひとつだったが、今では加圧トレーニングの理論と知識を深め、日々やりがいを感じながらパーソナルトレーナーとして活躍している。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

引き締まった素晴らしい体格をされていますが、前職がスポーツとは無関係だったのは本当ですか(笑)

いやいやいや(笑)お見せできるほどではありません。元々、トレーニングが好きだったので個人的に鍛えていました。前職はトレーナーとかそういうことはしていなくて、スポーツとは全く違う仕事をしていました。

トライアスロンの大会に出場されているという噂を聞いたのですが。

全然、趣味程度です(笑)大したことはやっていないんですけど、福島県に「うつくしまトライアスロン」という大会がありまして、第1回から出ていました。毎年参加していましたが、ここ最近は店が忙しくなってしまったので、残念ながら出場の機会を逃しています。

須賀川市でパーソナルトレーニングジムを始めようと思ったきっかけは何でしょうか。

今は、須賀川市内にもフィットネスジムはありますが、私が創業を決めた当時は、そういったものが殆どありませんでした。「須賀川にスポーツ系の施設を作りたい」「小規模でいいから、自分の理想的なスタジオを作りたい」と思ったことがきっかけです。趣味だったことを仕事に、という感じですかね。

趣味を仕事にするのは、なかなか勇気がいりますよね。創業すると決めて、一番最初に行動したことは何でしたか。

まずは、須賀川市役所の商工労政課に行った記憶がありますね。家賃補助制度について聞きに行ったんですけど、担当の方の第一声が「あっ、深谷さんですか?」でした(笑)実は、その時点で国の創業補助制度も受けていたので、国から須賀川市へ補助金の対象者として採択されたという一報が入っていたみたいで。そこから、個人のトレーニングジムに適した物件があるか、ということで、こぷろさんを紹介されました。

行政とのつながりから、こぷろ須賀川を紹介されたわけですが、なかなかスポーツジム向きの物件がなかったんですよね。

そうでしたね。補助を受けられるエリア内で、ということで中心市街地で熱心に探しましたが、条件に合う物件がありませんでした。候補として考えていた物件はありましたが、ビルの耐震性に問題があって駄目でした。その他にもいろいろ探しまして、不動産会社に紹介してもらったこの物件に決まりました。ここは元々パン屋が入っていて、本当はトレーニングルームをもっと広く使える間取りでしたが、あえて仕切りの壁を作りました。私の理想とするスタジオでは、プライベート感を重視したかったんです。外からは絶対に見えないように細部まで考えて設計しました。

深谷さんは福島県と須賀川市で行っている商業集積活性化施設等整備事業の家賃補助を利用されました。ご自身でかなり勉強されていた印象ですが、実際はどうでしたか。

創業支援制度についてはいろいろ調べました。自分の中に事業ビジョンがあったので、比較的スムーズでしたね。私の場合は、国の創業補助金に採択されていたのでこぷろさんに出会った頃には、すでにコンセプトは固まっていました。だから(須賀川市の)補助を受ける為の事業計画書の作成はそんなに難しく感じませんでした。こぷろさんで受けた家賃補助を受けるにあたっての面接も、緊張することなく自然体で挑めましたね。

確かにその当時、深谷さんからは余裕を感じました。創業に関して、大変なことは特にありませんでしたか。

いえ、ありました。店のオープンが遅れたことです。機材の組み立てに時間がかかりました。うちの機材は、海外から取り寄せたもので、コンテナを港で降ろして、運送会社に借りた倉庫に運んでもらって、そこから自分で一台ずつ須賀川まで持ってきました。ある程度時間がかかることは予想していましたが、組み立ても自分で行ったので結構大変でしたね。

なるほど。こういったジムの機材は高額だというイメージがありますが。

そうですね。一台数十万円します。自分で輸入して組み立てて、と時間をかけてコストを抑えましたが、家賃補助がなかったら、ここまで機材が揃っている今のスタイルのパーソナルトレーニングジムは作れなかったと思います。やはり家賃補助の存在は大きかったですね。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

加圧トレーニングとの出会い。

私は元々、トライアスロンの冬場のトレーニングとして行っていました。加圧を受けるために郡山に通っていましたが、凝り性な性格なので、加圧の本を買って理論を学んでからトレーニングを始めたんです。実際にトレーニングをしてみて、本に書いてある効果と自分が実感したポイントが合致して、本当に驚きました。「これは周りに広めたい!」と思い立って、正式に認定資格を取りました。

WELLNESS GATEの魅力とは。

個人のマイクロジムでこれだけの機材を揃えている所は、なかなかないんじゃないかなと思います。一般的な加圧トレーニングスタジオは、ダンベルや自重トレーニングがメインなので、簡単な設備しか整えていないことが多いです。加圧トレーニング自体は、軽いトレーニングでもきちんと効果が出るものですが、私は加圧と機材を使ったウエイトトレーニングを掛け合わせることが、より効果的だと思っています。料金も一般的な加圧トレーニングと同程度に設定していますので、初心者の方、運動が続かない方でも気軽に始めてもらえるんじゃないかな。その方に合ったトレーニングを提供できる環境がきちんと整っているので、どんなレベルの方にも来ていただけます。実際にうちでトレーニングされた方の中には、プロの競輪選手の方や足腰の不自由な70代のシニアの方がいらっしゃいます。

深谷さんの思い。

運動習慣は大事だということをお伝えしたいですね。「美味しいものを食べながら体形をキープすること」が、私は鍵だと思っています。食べることは人生の楽しみの一つですし、私自身、食事制限はしていません。もちろん筋力を維持したい方から、本格的に痩せたいという方まで、それぞれご要望があるはずなので、お体の状況をきちんと伺ってからしっかりサポートさせていただきます。

こぷろの女性スタッフが加圧トレーニングを体験しました!

今回、加圧トレーニングは初体験ということで、まずはバンドを腕に巻いてもらいながら、加圧によって体に起こる変化を説明してもらいます。

かなり簡単にまとめると……。

加圧により血流を制限した状態で運動を行う(負荷をかける)⇒体から疲労物質が出る⇒体が回復させようとして成長ホルモン(別名:若返りホルモン)の分泌量を増やす⇒筋肉がつきやすい体に変化する⇒筋肉がつけば痩せやすい体になる

という構図。実は、運動音痴のくせに痩せたい一心でスポーツジムに通っているスタッフ。普段もそれなりにウエイトトレーニングをしているので、甘く考えていました。「じゃあ、始めますね」の声で「じーっ」という低音とともに締まっていくベルト。うん、血圧を図る感覚に近い?余裕だな、と感じました。が、しかし「3点セット」と呼ばれる準備運動がスタートした直後から「なにこれ、キツイ!」。掌をグーパーするだけの単純な動作、腕を後ろに振るだけの動作。それだけで、明らかに負荷がかかっていることがジンジン伝わってきます。言うなれば、たった1、2分の間にウエイトトレーニングを高速で3セットした後みたいな疲労が、一気に襲ってくる感じ(笑)実際に機材をつかったトレーニングへ。スミスマシンという機材で自重の腕立て伏せをしていきます。数回繰り返した時には、自然と悲鳴にも似た声が。「結構きてますね。おしまいにしましょう(笑)」と声がかかりました。加圧は低負荷、短時間。体感的には辛いトレーニング。実際に、短時間でものすごーく運動した感じがするんです。意外なことに現在来店している方の8割が女性とのこと。楽して美しく痩せたいというワガママは誰でも持っているはずですが、運動って時間がそれなりにかかるし、面倒になってなかなか続かないのが現状ですよね。でも、清潔感のある設備、優しいトレーナーとマンツーマンで効率的に痩せることが出来るのであれば、モチベーションも自然と上がるはず!「入るだけでテンションが上がる理想のスタジオだと言ってくださる人もいて嬉しいです」と深谷さんはおっしゃっていましたが、まさにそんな願いを叶えてくれるジムだと感じました。

WELLNESS GATE(ウェルネスゲート)

住所:福島県須賀川市塚田20 司駅前ビル102号

営業時間:10:00~21:00

定休日:日曜日 (完全予約制)

見学・体験レッスン予約はこちら↓

公式HP:http://www.wellnessgate.jp/