須賀川商工会議所で取り組んでいる「すかがわ坂道健康プログラム」の検討委員会として長崎県長崎市と熊本県八代市・熊本市へ視察研修に行ってきました。
長崎市では「長崎さるく博」以降、ボランティアの地元ガイドの元、グラバー園などの有名な観光スポットだけでなく、路地裏も含めたルートを歩きながらめぐる、「長崎さるく」を実施しています。
「坂道」や「路地裏」をも活用している観光の手法として参考になります。
車も通れず、自転車は諦めるような坂道。地元住民としては当たり前で大変なだけのルートも、他所の人から見るとちょっとした発見があって面白い。そんなルートを案内してもらいました。