今回は、宮先町にあるお茶屋さんへ訪問しました。
約100年もの歴史ある老舗茶店の八木屋園さん。
店内には、昔懐かしい茶箱や年代物の秤などがあり、長い歴史を感じます。
梅雨明けしたこの時期にぴったりな、冷たい煎茶を美味しく淹れる方法を聞いてみました。
まず、茶葉は少し多めに急須に入れます。そして冷水を注いで3分待つ。じっと待つ。グラスに注いで出来上がり。
簡単ですね♪コツは茶葉を多めに使うことと、お湯でなく冷水を使うこと。
そうすると鮮やかなグリーンの、渋みが少ないさっぱりとした味わいになるそうです。
美味しいお茶の淹れ方や、好みの茶葉の選び方など、お店で相談しながら購入したお茶はきっと格別ですね。
皆さんもこの夏、カテキンパワーで猛暑を乗り切りましょう!